3つの裁判

Pocket

話し合いや債務弁済契約証書にも従わない場合には、裁判をおこなうことになってしまいます。その裁判にもいくつかの方法があります。

第1に「少額訴訟」です。この訴訟は売掛金が60万円以下の場合で、支払期限を過ぎて連絡などで支払いを促しても相手方が支払いをしない場合に適用されます。少額訴訟をする場合、契約書や請求書、送ったメール文、電話の録音などが法廷で証拠となります。第2に「支払督促」です。これは、裁判所から直接相手に内容証明郵便で支払いを命ずるものです。第3に「通常訴訟」です。これは少額訴訟や支払督促に応じない場合におこなわれます。支払い金額が140万円以下であれば簡易裁判所でおこなわれます。140万円以上であれば地方裁判所で裁判が行われます。

もしも「少額訴訟」「支払督促」「通常訴訟」の3つの裁判などを起こしても、相手が支払いをしない場合には相手方に「強制差し押さえ」がされます。これは、売掛金を払う気の無い相手に対して最終手段として行います。相手の所有している財産を差し押さえるというものです。売掛金の回収がある方は消滅時効が成立してしまう前に、できるだけ早く弁護士に相談をして売掛金を回収しましょう。

Pocket